Skip to main content
leadership_Japan_hero

経営陣紹介

経営陣、スーパーバイザリー・ボード、インダストリー・アドバイザリーボードのメンバーをご紹介します

日本のお客様とパートナーに最大の可能性をお届けするために、HEREはローカライズした位置情報コンテンツ、サービス、プラットフォーム、並びに現地のエキスパートによるサポートを提供できることをとても嬉しく思っています。

私たちは、日本国内でのコラボレーションを推進し、新たな絆を深めることを楽しみにしています。

Edzard Overbeek(エザード・オーバービーク), 最高経営責任者

HERE経営陣紹介

Edzard Overbeek
Edzard Overbeek(エザード・オーバービーク)

最高経営責任者

エザード・オーバービークは、HERE Technologiesのリーダーです。営業経験と技術経験の両方における比類ないノウハウを有し、新たに独立した位置情報クラウド企業として次の成長段階に入ったHERE Technologiesを率いています。HEREに入社する前は、Ciscoで戦略アドバイザーとして、収益120億ドル以上、従業員数1万5,000人のグローバルサービス組織を統括していました。

Jørgen Behrens
Jørgen Behrens(ヨルゲン・バーレンス)

上席副社長 兼 最高製品責任者

ヨルゲン・バーレンス、HEREの最高製品責任者です。コンテンツ、位置情報サービス、プラットフォームおよび業界別製品を含む、すべての HERE製品の進化と商業的成功を担当しています。バーレンスはHERE入社以前、Royal Philipsで慢性疾患の予防のための医療用ウェアラブルデバイスと関連サービスに特化した事業を立ち上げ、主導していました。

Kristina Bohlmann
Kristina Bohlmann(クリスティーナ・ボールマン)

上席副社長 兼 ブランド統括責任者

クリスティーナ・ボールマンは、HEREのすべてのマーケティングおよびコミュニケーション活動における責任者です。情熱的かつ精力的、堅実なリーダーのボールマンは、代理店と企業の両方でのコンシューマーおよびB2B組織に向けた豊富なPR経験を有しています。ボールマンは長年、ソーシャルメディアを企業のコミュニケーション戦略の中核にすることを提唱してきました。HERE Technologiesに入社する以前は、ドイツのNokiaでコミュニケーション部門の責任者を務めていました。

Werner Buskermolen
Werner Buskermolen(ワーナー・ブスケルモレン)

上席副社長 兼 最高人事責任者

ワーナー・ブスケルモレンは、HERE Technologiesの人事チームの責任者です。20年以上の人事経験を活かし、グローバルでインクルーシブな最高峰の職場作りという会社の構想にあった人材計画の実現に向けて、すべての従業員および組織に関連する事柄についてのシニアアドバイザーを務めています。ブスケルモレンは、2016年にHEREに入社し、以前勤めていたInformaticaでは、グローバルHRオペレーションおよび人材獲得を担当していました。

Denise M. Doyle
Denise M. Doyle(デニス・ドイル)

最高データ責任者

デニス・ドイルは、当社全体の様々な機能におけるデータソーシング、プライバシー、コンテンツ、事業モデルを含む戦略およびデータを管理しています。北米、欧州およびアジアで20年以上の戦略開発、事業ポートフォリオ計画、リスク管理の経験があります。ドイルは、1999年に HERE Technologiesの前身であるNAVTEQに入社し、戦略開発および主要なサプライヤー契約の商談を主導してきました。また、AOLおよびMiller Brewing Companyのビジネスアナリストとしての経歴もあります。

Fred_Hessabi
Fred Hessabi(フレッド・ヘッサビ)

上席副社長 兼 最高顧客責任者

フレッド・ヘッサビは、上席副社長 兼 最高顧客責任者 (CCO) として、HERE の事業の成長と世界的な顧客ベースの多様化の指揮を執っています。25 年以上のテクノロジー業界での経験を有し、SaaS (サービスとしてのソフトウェア) や PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) における豊富な営業の専門知識を職務に活かしています。HERE 入社以前は、SAP や Siebel、C3 など、複数の有名企業で営業の責任者を務めていました。

Giovanni Lanfranchi
Giovanni Lanfranchi(ジョヴァンニ・ランフランチ)

開発部門上席副社長 兼 最高技術責任者

ジョヴァンニ・ランフランチは、HERE Technologiesの開発部門の上席副社長 兼 最高技術責任者(CTO)です。自動運転、アセット管理および拡張現実などの分野で、HERE Technologiesのベンチャーがプラットフォームを活用したアプリケーションとソリューションに基づく次世代の位置情報ベースサービスを構築するよう、指揮を執っています。ランフランチは、2018年にHERE Technologiesへ入社しました。以前勤めていたIBMでは、バイスプレジデント・グローバルテクノロジーサービス 兼 WWサービスデリバリー アーキテクチャ&テクノロジー統括責任者として、IBM Services Platform with Watson全般を担当しました。

Petra-Meiser
Petra Marita Meiser(ペトラ・マリータ・マイザー)

最高財務責任者

ペトラ・マリータ・マイザーは、最高財務責任者(CFO)として、企業財務、債券、財務計画および分析、税務、会計を含む多数の部門を管理しています。HEREには2020年2月に入社しました。以前勤めていたDaimlerでは戦略的プログラム管理、M&A、企業法務、企業財務に関する様々な取り組みを担当し、また「Project Future」プログラムを成功に導きました。このプログラムはDaimlerの歴史上で最大の取り組みの1つで、2019年11月には、連携・自律走行時代の成功に向けて最適に位置づけるための新しい企業構造を立ち上げることに成功しました。それ以前は、アメリカ、中東、アフリカおよび世界中の企業とのDaimlerのM&Aを主導するなど、数多くのグローバルな責任を果たしました。

Stanimira_Koleva
Stanimira Koleva(スタニミラ・コルヴァ)

HERE Technologies APAC総責任者 上席副社長

スタニミラ・コルヴァは、HERE Technologiesのアジア太平洋地域担当総責任者 兼 上席副社長です。アジア太平洋地域のテクノロジーイノベーションや、製品開発から商業的成長までを指揮しています。同地域の担当として、事業成長の加速化やパートナーエコシステムの結集に加え、テクノロジーおよび製品戦略から実行までの計画および指導、さらに管理をサポートする重要な役割を担っています。HERE入社以前は、Citrix Systemsのマネージングディレクター兼シニアバイスプレジデントとして、アジア太平洋・日本地域における3億2千万ドル規模の事業をすべて管理していました。また、大企業、通信業界、中堅企業および中小企業向けの市場において25年以上の幅広い経営および実務経験を有する経験豊富なエグゼクティブとして、Software AG、Microsoft、Ciscoおよび3Comなどの様々な組織で、複数の地域や顧客向けのテクノロジーの販売とサービスを率いてきました。電子工学の修士号を取得しており、シンガポールの地域本部を拠点としています。

takahashi_akihiro_Bio-headshot
高橋明宏(たかはし あきひろ)

HERE Japan株式会社代表取締役社長

高橋明宏は、HERE Japan株式会社のカントリーマネージャーです。2020年5月に就任しました。HERE Platformをより多くの日本国内のお客様やパートナーの皆様にお届けし、既存の自動車業界をはじめ新たな市場の開拓と拡大を進めています。HEREに入社する以前は、27年間にわたり日本マイクロソフト株式会社、およびマイクロソフトコーポレーションにて、執行役員常務デジタルセールス アジアヴァイスプレジデント付、執行役員常務デジタルセールス事業本部長などを歴任しました。米ダラス大学にてMBA(Master of Business Management)を取得。

HEREスーパーバイザリーボード

International B.V.は、様々な業界にサービスを提供する位置情報プラットフォームのリーダーになるというHEREの長期的戦略を支援しています。 2016年に創設されたスーパーバイザリー・ボードには、HERE Technologiesの経営陣を監督するため、業界の著名なリーダーや株主の代表者が集結しています。

Rudi Lamprecht
Rudi Lamprecht( ルディ・ランプリクト)

ボード・チェアマン

ルディ・ランプリクトは、テレコミュニケーションとIT業界での豊富な経験を活かすべくスーパーバイザリー・ボードのボード・チェアマンに就任しました。ランプリクトは、EWC East-West-Connect GmbHおよびDuagon AGの会長、AO.comおよびFujitsu Technology Solutionsの取締役メンバーも務めています。Siemens AGの前取締役メンバーでもあります。

Yutaka Kyoya
京谷 裕 (きょうや ゆたか)

ボードメンバー

三菱商事株式会社監査役常務執行役員 兼 コンシューマー産業グループCEO

Hiroki Kuriyama 178x178
栗山 浩樹(くりやま ひろき)

ボードメンバー

NTTコミュニケーションズ代表取締役副社長 兼 日本電信電話株式会社執行役員2020準備及び事業連携担当

Dr. Rainer Feurer
Dr. Rainer Feurer(ライナー・フォイラー)

ボードメンバー

BMWグループ企業投資担当上級副社長

Sajjad Khan
Sajjad Khan(サジャド・カーン)

ボードメンバー

メルセデス・ベンツ執行役副社長 兼 部門委員会監査役 兼 CASE担当

Dr. Neil Hunt
Dr. Neil Hunt(ニール・ハント)

ボードメンバー

Curai創業者 兼 最高戦略責任者

Axel Dewitz
Axel Dewitz(アクセル・デュヴィッツ)

ボードメンバー

Audiグループ上級副社長 兼 税務、関税、M&A統括責任者

インダストリーアドバイザリーボード

業界のインサイト、コラボレーション、イノベーションを促進します。 HEREはすべての人たちにとって自立化された世界を実現できるよう目指しています。これは一企業や個人が一人で解決できることではありません。HEREのインダストリー・アドバイザリーボード(IAB)の創設のために国際的に高く評価されている専門家とグローバルリーダーが集まりました。HEREインダストリー・アドバイザリーボードは、インサイトの共有、イノベーションの加速、コラボレーションの促進に重点を置いた対話を定期的に行います。これにより、位置情報データを使用してすべての人や物が生活、移動の相互作用を向上させていきます。

Ricky Hudi
Ricky Hudi(リッキー・フーディ)

FMT社創業者 兼 CEO HEREインダストリー・アドバイザリーボード ボード・チェアマン

リッキー・フーディは、イノベーションに対する揺るぎない情熱を持つモビリティ技術の第一人者であり、自動車および関連技術業界で28年以上の経験があります。BMW社およびAUDI社で様々な役職を務めたのち、2009年1月にAUDI社の電気電子開発担当の上級副社長に就任しました。フーディは、HEREのインダストリー・アドバイザリーボードおよび自動車エレクトロニクス国際会議(ドイツ・ルートヴィヒスブルク)アドバイザリーボードでボード・チェアマンを務めています。また、SamsungオープンイノベーションアドバイザリーボードおよびHarman技術評議会でも尽力しています。

Dr. Kazuo Iwano
岩野和生(いわの かずお)

三菱商事株式会社デジタル戦略部門アドバイザー 兼 株式会社三菱ケミカルホールディングスフェロー

岩野和生博士は、2017年からは三菱ケミカルホールディングス株式会社最高デジタル責任者として、また2020年4月からはフェローとして、デジタル技術とそのコンセプトを活用して、新たなビジネスモデルとデジタルトランスフォーメーションの実現のために尽力しています。三菱商事に入社する以前は、IBMの新事業創出担当の執行役員、東京基礎研究所所長、トーマス・J・ワトソン研究センターの自動コンピューティング部門ディレクター、大和ソフトウェア開発研究所所長など様々な役職を歴任しました。岩野博士は、IEEE、ACM、SIAMのメンバーであり、日本情報処理学会フェローおよび日本学術会議連携会員でもあります。また、2010年から東京工業大学の客員教授を務めています。

Imran Sayeed
Imran Sayeed(イムラン・サイード)

NTTデータイノベーションおよびデジタルトランスフォーメーションアドバイザー

イムラン・サイードは、マサチューセッツ工科大学スローンマネジメントスクールの起業およびイノベーション学部に勤務しています。破壊的技術、新しいビジネスモデル、ソフトウェアおよびインターネット起業、大企業のグローバルイノベーションについて教鞭を執っています。

それ以前は、45か国に従業員7万5000人、年間収益160億ドル、世界で6番目に大きい技術コンサルティング会社の子会社であるNTTデータ株式会社で最高技術責任者(CTO)兼 デジタルプラクティス代表を務めていました。また、サイードは、ディスラプション、インクリメンタル、トップダウン、草の根、業界固有の水平的イノベーションと4大陸全体への影響を構築、測定、作成するメカニズムに重点を置いたNTTデータ全体のグローバルイノベーションの取り組みをけん引しました。

Patrick Cheng
Patrick Cheng(パトリック・チェン)

NavInfo最高経営責任者

パトリック・チェンは、NavInfoの創業者の一人として過去13年にわたり幅広い部門の責任者を歴任し、テクノロジー、マーケティング、営業、管理の経験を積みました。

2015年からはNavInfoの最高経営責任者(CEO)として、グローバルパートナーシップを強化し会社のグローバリゼーションを推し進めています。同時に自動運転分野の大規模な研究開発を推進し、テレマティクス用のハードウェアとソフトウェアとともに「ターンキーソリューション」を導入しました。

チェンはCEO就任前にNavInfoの最高執行責任者(COO)を務め、会社組織の再編と新たなポジショニング戦略の具体化で重要な役割を担いました。また、チェンはNavInfoのマーケティングと営業業務を構築および管理し、事業を欧州と北米の顧客へと拡大させました。

Thomas Lantzsch
Thomas Lantzsch(トーマス・ランツ)

インテルコーポレーション上級副社長 兼 IoTグループゼネラルマネージャー

トーマス・ランツは、インテルコーポレーションの上級副社長 兼 モノのインターネット(IoT)グループのゼネラルマネージャーを務めています。世界的な組織をけん引し、製造、工業、小売、運送、スマートビルディングおよびスマートホーム、航空宇宙を含む、IoT市場区分全体のIntel®アーキテクチャ コンピューティングソリューションの責任を担っています。

Claudius Leibfritz
Dr. Claudius Leibfritz(クラウディアス・ライフリッツ)

Allianz、Global Automotive取締役会メンバー 兼 最高経営責任者

ライフリッツ博士は、Allianz Worldwide Partners SASのドイツ支社の取締役会メンバー 兼 ドイツ・ミュンヘンのGlobal Automotive最高経営責任者を務めています。この役職に就任する以前はAllianzの地域グループを管理し、Boston Consulting Groupのドイツ支社の代表を務めました。また、それ以前は、Boston Consulting Groupで10年以上にわたり様々な国際プロジェクトを担当していました。テュービンゲン大学経営学部を卒業後に、ベルン大学で経済・経営学の博士号を取得しています。

Rob Siegel
Rob Siegel(ロバート・シーゲル)

スタンフォード大学経営大学院講師/XSeed Capitalパートナー

ロバート・シーゲルはスタンフォード大学経営大学院の講師で、Google、Box、Stripe、AngelList、23andMe、Lending Club、PayPal、SurveyMonkey、Medium、Wikimedia Foundation、Minted、500 Startups、Axel Springer、General Electric およびStarbucks (La Boulange)の一次資料調査と事例の文章化をけん引しています。

シーゲルは、XSeed Capitalのパートナーでもあります。投資分野には、コンピューター技術が自動化し、会社のパフォーマンスが向上する企業運営、すべての規模の会社向けのモバイルソリューション、ビジネスおよび消費者行動を形作るソフトウェアシステムが含まれています。

Cham Zhong
Cham Zhong(チャム・ゾン)

テンセント・ホールディングス副社長 兼 地図担当ゼネラルマネージャー

チャム・ゾンは、テンセントMIG(モバイルインターネットビジネスグループ)で、ブラウザ製品、地図プラットフォーム製品、スマートプラットフォーム製品の3部門を率いています。ゾンは、2008年にワイヤレス研究開発部門を設立し、2009年初めにはブラウザプロジェクトを立ち上げ、携帯電話QQブラウザの基盤を生み出しました。

Young Sohn
Young Sohn(ヤン・ソン)

サムスン電子社長 兼 最高戦略責任者、ハーマンインターナショナルインダストリーズ取締役会長

ヤン・ソンは、サムスン電子社長 兼 最高戦略責任者、およびハーマンインターナショナルインダストリーズ取締役会長です。グローバルイノベーション、投資、および新たなビジネスの創造の構築と戦略をけん引しています。また、80億ドルを投じたハーマンインターナショナルインダストリーズ買収の指揮を執りました。 サムソン電子入社以前、ソンはOak Technologies、Agilent Semiconductor(現:Avago)、Inphi Corporationで最高経営責任者(CEO)を務めました。CEOおよび取締役として、PLX Technologies、Synnex Technologies、Inphiを株式上場に導きました。さらに、ARM、Synnex Corporation、Cymerの取締役を務めた経歴もあります。

Stephan Durach
Stephan Durach(ステファン・デュラック)

BMW購買およびサプライヤーネットワークデジタル担当上級副社長

ステファン・デュラックは、カールスルーエ工科大学の電気工学課程を卒業後、1998年3月にBMWグループに入社しました。デュラックは、電子部門の様々な部署で働き、ソフトウェアプロセスとメソッドのキャリアをスタートしました。2008年には、パロアルト/マウンテンビューオフィスの技術責任者に就きました。2011年にBMW本社に戻り、エンターテインメント、モバイルデバイスおよびアプリセンター部門の責任者を務めた後、BMWのラグジュアリークラス向け製品ラインのエレクトロニクスをけん引しました。その後2015年には購買およびサプライヤーネットワーク部門に異動し、情報およびコミュニケーションエレクトロニクスとコネクティッドドライブの仕入れ担当のリーダーに就任。その年に、デュラックの担当は、BMWグループの電気/電子ポートフォリオに広がりました。

Michael Bolle
Dr. Michael Bolle(ミヒャエル・ボレ)

Robert Bosch GmbH取締役会メンバー 兼 最高デジタル責任者 兼 最高技術責任者

ミヒャエル・ボレ博士は2014年4月からRobert Bosch GmbHでコーポレート研究開発・先端エンジニアリング事業部の企業セクターの社長を務めています。ボレ博士はキャリアをBoschにて開始し、マルチメディアシステム向けの先端エンジニアリング事業における幅広いポジションを経験しました。1999年にはSystemonic AGを設立しましたが、2003年にBoschに戻りました。これには日本のデンソーに勤めていた期間も含まれます。そして2006年からは、Robert Bosch Car Multimedia GmbHのドライブ情報システムと開発および製品セクターのポジションに就いています。

Georges Massing(ジョルジュ・マッシン)
Georges Massing(ジョルジュ・マッシン)

ダイムラーデジタル自動車モビリティ部門副社長

ジョルジュ・マッシンは、ダイムラー社のデジタル自動車およびモビリティ部門の担当副社長です。2016年にメルセデスベンツ自動車ポートフォリオのユーザーインタラクションおよびソフトウェア部門のディレクターとして入社しました。それ以前はミュンヘンのBMW AGで、ドライバー体験、メカトロニクス制御、車内照明の責任者をしていました。また、Magnaにおいて、ジェスチャーおよびアイコントロール、ドライバーアシスタンスシステム、電気/ハイブリッド自動車、照明システムなどの部門で様々な管理職を経験しました。マッシンは、ベルリン工科大学で航空宇宙工学の学位を取得しています。

Dr. Klaus Büttner
Dr. Klaus Büttner(クラウス・ビュトナー)

AUDI AG電気/電子部門担当取締役副社長

クラウス・ビュトナー博士は機械工学を学び、1997年にミュンヘンのBMWグループで専門のキャリアを歩み始めました。在職中に、イノベーション管理、先進運転支援および安全システム、ヒューマンマシンインターフェースなど、様々な戦略的および運用管理職を経験しました。2013年から2019年まで、ビュトナー博士は、エレクトロニクス、ユーザー体験、コネクテッドカー、自動運転などの幅広い戦略的分野の副社長を務めました。現在の役職はAUDI AGの電気/電子部門のトップで、自動車エレクトロニクスとCar ITの開発を担当しています。

Werner Buskermolen
Werner Köstler(ヴェルナー・ケストラー)

コンチネンタル上級副社長 兼 VNI取締役会メンバー

ヴェルナー・ケストラーは、コンチネンタルのVNI(自動車ネットワーキングおよび情報)取締役会メンバーであり、2014年からVNI戦略部門のトップを務めています。1992年にSiemens VDOに入社し、Tier-1顧客向けのChassis Electronic NAFTA、ボディおよびセキュリティ事業ユニット、さらに、上海でアジア太平洋地域の企業戦略責任者を務めました。2007年/2008年にSiemens VDOがコンチネンタルに買収された後、ケストラーはソウルで韓国国内部門の副社長に就き、その後、日本の横浜でボディおよびセキュリティアジアOEM部門を率いました。2014年、レーゲンスブルクに異動になり、VNI戦略部門の指揮を執っています。