Skip to main content
HEREのテレマティクスサービス
HERE Fleet Telematics

フリートテレマティクス

高度なテレマティクスデータを活用し、単純な二拠点間移動を超えたルート検索で、車両管理業務を向上させます。

次世代のフリートテレマティクスサービスソリューション

これまでの車両位置管理、走行距離記録、運行記録処理は時代遅れになりつつあります。

HERE Fleet Telematicsは、業界で最も高度で直感的なアルゴリズムを用いてこのプロセスを自動化します。

お客様の車両から提供されるデータを高度なテレマティクスアルゴリズムと組み合わせ、実用的なインテリジェンスを生成。これにより、フリートマネジメントの判断をより迅速かつスマートに行います。

HERE Fleet Telematicsを使用して移動時間、通行料金、ルートを追跡することも可能です。また、HEREのテレマティクスソリューションなら、速度制限、道路勾配、カーブなど、業務に影響を与える要因の情報や、ドライバーの安全性向上、車両管理コスト削減、業務迅速化するための最新情報を常に入手することができます。

HEREのフリートマネジメントソリューションの概要はこちらから

高度なテレマティクスサービスを可能にする最先端アルゴリズムでパフォーマンスを向上

スマートフォンでテレマティクスサービスを利用しながら効率的に運送する運転手

物流の効率性を向上

HEREのテレマティクスサービスを使用することにより、車両管理業務に重要な要素を追跡し、問題が発生した際に原因を的確に把握できます。HERE Fleet Telematicsは、位置情報や道路状況を含む走行データやルートのデータをリアルタイムで記録するためにサポートします。

関連製品:

  • クラウドベースのシステムで位置情報に関するデータ製品、サービス、アプリケーションを一括管理:HERE Workspace
テレマティクスサービス - 電話を取るトラックドライバー

トラック車両等アセットの位置管理

HEREのテレマティクスソリューションでは、事前に設定した業務領域内にドライバーをとどめることができ、GPS情報をHEREの道路ネットワークと照合することで、ドライバーの位置を常時把握することが可能です。

テレマティクスサービス - 高速道路の料金所

コストを削減

より低コストで短距離の輸送を実現するために、コスト効率向上の的確な判断とルートのカスタマイズを行います。エリアの速度制限や希望到着時間を考慮しつつ、通行料金や燃費を計算します。

関連製品:
  • 最新のルート検索アルゴリズムで配送ルートを最適化:HERE Routing

開発者のメリット

cloud icon

すぐに利用可能なツール

HEREのフリートテレマティクスサービスを使用すると、GPSデータと道路ネットワークの照合、道路形状の変更、道路規制などが簡単に修正できます。

all white icon datasets

高度なデータセット

道路勾配、道路形状、トポロジー、ポリゴン形状といったHEREの地図属性を統合することが可能です。

all white icon easy data upload

容易なデータアップロード

ストレージ、アップロード、マネジメントを行う管理者用ツールを介して、HEREの地図上にフリートマネジメントシステムデータを表示します。

充実した機能

HEREのフリートテレマティクスサービスはRESTfulサービスで利用できます。容易な統合とシンプルなアプローチで、アプリケーションを差別化させることが可能です。

本サービスでは、データのアップロード、ルート検索および作成、ルートマッチングの3つのサービスが利用できます。また、HEREのテレマティクサービスは、1回のリクエストで、組み合わせた複数の機能を利用できるように対応しています。これにより様々なユースケースにおける複雑なアプリケーションの統合が可能です。

よくある質問

テレマティクスとは何ですか?

テレマティクスとはテレコミュニケーション(Telecommunication、通信)とインフォマティクス(Informatics、情報科学)の2語を合わせた新しい言葉です。自動車などの移動体と通信システムを組み合わせてリアルタイムに情報を交換するといった意味があります。

現在では自動車やトラック、バスなどに常に最新の交通情報を提供するサービスとして実用化が進んでいます。また走行データといった情報を自動車から基地局に送信し車両の管理に使用する例もあります。

HEREはフリートテレマティクスサービスの提供により、移動体とのデータ通信をより有意義なものに変えています。

テレマティクスサービスとは何ですか?

テレマティクスとは自動車などの移動体と通信システムを組み合わせることで、移動体と基地局間を双方向で情報交換することを可能にする仕組みです。

これを利用したサービスでもっとも身近なのはカーナビゲーションです。以前はCD-ROMDVDに記録された情報しか表示できなかったカーナビゲーションも現在では混雑情報などをリアルタイムに受信し表示するようになりました。他にも自動車をターゲットにした動態管理があります。単に走行位置を表示するだけでなく、移動体から基地局に送信される情報を分析することによりドライバーの行動特性を判定し、安全な運用に役立てるといったものもあります。

HEREのテレマティクスサービスでは、移動体からの情報を高度で直感的なアルゴリズムにより分析し結果をさまざまなサービスに利用できます。

テレマティクスデータとは何ですか?

テレマティクスデータとはテレマティクスで得られた情報のことです。自動車などの移動体と通信システムを組み合わせることで、移動体と基地局間を双方向で情報交換するテレマティクスでは、さまざまな情報が基地局に集まります。

テレマティクスデータを活用するサービスにはさまざまなものがあり、営業や配送で使用する自動車の車両運行データを通信回線を通じて集め分析することで効率の良いルート計画やCO2削減につなげるものがあります。また走行距離や速度にとどまらず、急発進・急ブレーキといったドライバー固有の実績を取得し分析することで車両保険の保険料算出に活用する例もあります。

HEREのテレマティクスサービスでは、ますます複雑になるテレマティクスデータを効率よく管理し分析するさまざまなツールを提供しています。

HERE Fleet Telematicsでは、どのような位置情報機能にアクセスできますか?

HERE Fleet Telematicsでは、高精度なHEREの地図コンテンツデータセットを活用し、管理業務を最適化できます。移動時間、通行料金、ルートといった車両管理に重要な情報を詳細に得られるため、問題が深刻化する前に発見し解決できます。高度かつ直感的なアルゴリズムを用いたHEREのテレマティクスサービスは、カスタマイズしたルートを作成できるため、ドライバーの安全もサポートします。これにより、ドライバーは法令を遵守しながら安全走行を実現し、最も合理的なルートを走行できます。

HERE Fleet Telematicsを利用すると、どのような問題を解決できますか?

HEREのテレマティクスソリューションは、車両管理者が様々な問題を処理するためのサポートをします。例えば、燃費への対処が必要な場合、テレマティクスシステムを活用してルートをカスタマイズすると費用を最小限に抑えられます。また、ドライバーが凍結した道路や通行止めなど、困難な道路状況に直面した場合には、事前に作成済みのルートオプションを使用して車両の移動を最適化し、到着予測時刻に影響を与える遅延を回避できます。

技術関連資料

使用されているコードやビジュアルの例など、詳しい情報をご確認ください。

One-Pager資料

HERE Fleet Telematicsが車両管理業務を改善する方法をご覧ください。

ご相談ください

お客様の車両管理効率の向上を図ります。