Skip to main content
HERE_SDK_Japan_hero_2280x880.jpg

HERE SDK

信頼できるネイティブアプリ開発用SDK

モバイル対応の包括的な位置情報サービス

コンシューマーや企業は、無駄なく効率的な移動を実現する革新的な位置情報活用アプリを必要としています。

高精度のHEREの地図データを活用したHERE SDKで、iOSおよびAndroid対応の没入型アプリを構築し、差別化されたモバイル体験を提供できます。

HERE SDKは、マッピング、検索、ルート検索において標準を超える機能を搭載しており、モバイルアセットの位置情報をリアルタイムに可視化するほか、ルート計算、位置情報検索、ターン・バイ・ターンナビゲーションなどのオフライン機能も備えています。

ナビゲーションの課題を軽減

HERE_SDK_Japan_editorial_Smart_navigation_1500x880.jpg

スマートナビゲーション

HERE SDKは道路標識などの動的情報を活用し、的確なタイミングで直感的なナビゲーション情報を提供します。また、車、徒歩、トラックなど複数のモードをサポートしています。

HERE_SDK_Japan_editorial_True_offline_capabilities_1500x880.jpg

優れたオフライン機能

HERE SDKを利用することで、ユーザーはデータ接続がない場合でも、地図の閲覧や場所の確認、目的地への移動が可能です。HERE SDKの柔軟なユーザー体験により、業務で使用する場合でも、現場の方の作業を中断させることなく行えます。

高速なアップロードタイムおよびシームレスなユーザー体験

高度に圧縮されたデータフォーマットを用いることで、HEREはベクター地図のファイルサイズを最小限に抑えています。これにより、高速なアップロードタイムおよびシームレスなユーザー体験を実現します。HERE SDKによるデータ消費量の削減は、通信遅延の改善と、レスポンスタイムの向上を求めるビジネスには欠かせません。

直感的操作を可能にする優れたUI

HERE SDK UI Kitは、モジュール化されたカスタマイズ可能なUIコンポーネントやコントロールにアクセスするため、位置情報ベースのアプリケーションにインタラクティブかつ直感的なユーザーインターフェースを提供できます。数行のコードを入力するだけで完全なUIを構築でき、アプリの開発時間と市場投入までの時間を短縮します。

ニーズに合わせたカスタマイズ

地図を最適なサイズに調整したいときや、重要なオブジェクトを強調して表示したいときなど、HEREの位置情報SDKのカスタマイズ機能を使用すると、クリエイティブに問題を解決できます。建物、地形、道路など、ほとんどすべての地図上オブジェクトにおいて色、アイコンサイズ、幅、長さ、その他の属性を調整できます。

充実した機能

HERE SDKはiOSとAndroidに対応しています。Explore EditionとNavigate Editionがあり、タッチスクリーンデバイス向けに最適化されているため、様々なジェスチャーに適応します。

HERE Location ServicesおよびHERE Native APIと同一のセットに基づいて構築されており、クロスプラットフォーム開発をサポートするため、統一したコンセプトや用語を適切に使用しています。

HERE SDKのコンポーネント

地図のカスタマイゼーション

地図の重要なオブジェクトを色やアイコンを変更して表示を強調したり、建物や道路、土地といった地図上オブジェクトの属性を編集するツールを使用できます。

ナビゲーション

車のサイズや特性に応じて調整可能なターン・バイ・ターンナビゲーション機能を搭載。

オフライン

データ接続がなくても地図の閲覧、場所の確認、目的地への移動を可能にするオフライン機能を提供します。

技術関連資料​​​​

使用されているコードやビジュアルの例など、詳しい情報をご確認ください。

One-Pager資料

製品機能の詳細および、HERE SDKによる、お客様のモバイルニーズに合わせた新たな位置情報体験の強化についての詳細をご覧ください。

よくある質問

HERE SDKの拡張機能について教えて下さい。

HERE SDKは、ジャストインタイムのナビゲーション、ユーザーインターフェースのテンプレート、モバイルや高度なフリートテレマティクス向けの動的警告エンジンなど、デバイスに合わせた幅広い機能を提供しています。さらに、HERE SDKにはオフラインモードがあり、データ接続がない環境でも地図やナビゲーションの利用が可能です。

位置情報、地図作成技術はどのような用途に活用できますか?

位置情報データには幅広い用途があります。例えば、運送関連企業の場合、地図作成、位置情報技術を用いた移動データの記録、速度制限や費用対効果を勘案したルートの最適化、ドライバーの行動分析、さらには地域による問題(住所の座標変換など)の事前解決などを実現することが可能です。

どのように地図作成、位置情報技術をアプリ開発に活用できますか?

位置情報技術は数多くの方法でアプリに活用できます。例えば、弊社のJavaScript用地図APIを使用して、豊富な機能でカスタマイズ可能な位置情報サービスやインタラクティブな地図を追加できます。HERE REST APIを使用すると、位置情報を統合してアプリケーションを充実させることが可能です。これらには天気予報、ルート検索、バッチジオコーディングなど、アプリユーザーへのよりきめ細やかで包括的なサービス提供を実現する機能が含まれます。また、HERE SDKでは、地図データやナビゲーションシステムだけでなく地図の拡大・縮小およびスクロール機能、オフライン機能といった、デバイス向けの最先端な位置情報技術を利用できます。

HEREの技術が市場において優れている点は何ですか?

Omdiaの位置情報プラットフォームインデックスレポートでは、3年連続で1位の位置情報プラットフォームに選ばれており、HEREは屋内地図、ジオコーディング、開発者エコシステムなどを含め、すべてのカテゴリーで他のプロバイダーをリードしています。​​HEREの位置情報オープンプラットフォームは、ビジネスニーズに応じて世界有数の位置情報技術を活用し、急速に変化する世界の需要に対応できるようにサポートします。

HERE SDKの利用を始める​

動的な視覚的情報や音声情報、柔軟なオフライン機能、屋内外におけるシームレスなマッピングを使用して、優れたアプリケーションを開発することが可能です。