Skip to main content
20191205_ANN_CES_Corporate1_PressRelease_Dec20_Newsroom_1920x360px.jpg

三菱商事NTTHERE Technologies株式30%取得完了

アムステルダム
2020/06/02

オランダ・アムステルダム、東京 – HERE Technologies(以下、HERE)は、日本の三菱商事と日本電信電話株式会社(NTT)が、規制当局の承認を受け、HEREの株式30%の共同取得を完了したと発表しました。 

HEREは三菱商事とNTTを戦略的出資者として歓迎しています。両社はこのほどオランダに共同出資の持株会社COCO Tech Holding B.V.を設立し、同社を通じてHEREの株式を取得しました。したがって現在、HEREの直接的および間接的な株主は、Audi、Bosch、BMW Group、Continental、Intel Capital、三菱商事、Mercedes-Benz、NTT、パイオニアの9社となります。  

この取引の完了に伴い、三菱商事の常務執行役員コンシューマー産業グループCEOの京谷裕氏、NTTの常務取締役新ビジネス推進室長の栗山浩樹氏 の2名がHEREの監査役会に加わりました。 

HEREの幅広くなった株主構成は、新たな産業や市場での成長を加速させるというHEREの目標を支えています。特に、新たに日本の出資者を迎えることで、HEREはアジア太平洋地域での成長を加速する出発点を得ることになります。本日の発表に先立ち、HEREと三菱商事はすでに、ラストマイルとミドルマイルの物流、都市部の交通渋滞の緩和、位置情報ベースの広告など、複数の分野で協業を開始しています。 

HEREの最高経営責任者(CEO)であるEdzard Overbeekは、次のように述べています。「三菱商事とNTTを、当社の長期的成長目標を支え、企業価値を大幅に引き上げる戦略的出資者として歓迎いたします。両社は、イノベーションの推進、効率と持続性の向上、そして最終的にはより良い世界をつくるうえで、位置情報とテクノロジーの持つ多大な可能性を認識しています。」 

HEREについて: 

位置情報データおよび位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREは、位置情報の力で、人、ビジネス、都市の推進に取り組んでいます。HEREのオープン・プラットフォームを通じて、都市のインフラ運営から企業の資産最適化、さらにはドライバーが安全に目的地に到着することまで、お客様により良い成果をご提供いたします。HEREの詳細は www.here.com および http://360.here.com をご覧ください。 

報道関係者からのお問い合わせ先 

HERE Technologies 

James Overstall 
TEL: +49 171 533 4418 
E-mail: james.overstall@here.com 

Jordan Stark 
TEL: +1 312 316 4537 
E-mail: jordan.stark@here.com 

株式会社井之上パブリックリレーションズ内 
HERE広報担当:  

リットウィン/池田/中村 
TEL: 03-5269-2301 (代) 
E-mail: here@inoue-pr.com 

タグ:
投資家 企業