Skip to main content
EV charging station

HERE Technologiesが電気自動車の運転をよりシームレスで パーソナライズされた体験に

2021/01/18
  • EVルーティングが充電時間を含めた最適なルートを提供
  • 静的データと動的データを考慮した走行と充電の計画が可能

 

※本プレスリリースは 2021年1月11日にCES 2021で発表したプレスリリースの日本語訳です。

 

CES 2021 – 走行距離に対する不安は、多くのドライバーにとって重要な懸念事項です。したがって、ドライバーに電気自動車への移行を促すためには、充電ポイントへの簡単かつ迅速なアクセスを確保することが不可欠です。同時に、配車サービス業界の多くの企業は、自社の車両をすべて電気自動車に移行することを確約しており、一部の国々では従来のガソリン車やディーゼル車の販売を禁止することを発表しています。このような流れを念頭に、HERE Technologies(以下、HERE)は新しいEVルーティング機能を発表します。このEVルーティングは、車両の電力消費モデルに基づき、充電のために停車する回数を最小限に抑え、バッテリー充電時間を削減しながら、自家用車と商用車の両方の電気自動車のルーティングを最適化します。

 

EVルーティングは、走行の計画時に地形、道路の形状、リアルタイムの交通情報、交通パターンを考慮します。車両の電力消費モデルと同期でき、さまざまな運転スタイル、運転負荷、気象条件に合わせた調整も可能です。EVルーティングはHEREの地図上に構築されたルーティングAPIの機能の一つであり、ADAS(先進運転支援システム)製品に含まれています。また、自動車のブランド、充電ステーションのリアルタイムの利用可否状況、サブスクリプションや価格情報が収録されている、HERE EV Charge Pointsというデータベースも利用します。

 

HERE Technologiesのプロダクトマネジメント担当副社長であるJussi Koskiは次のように述べています。「EVルーティングは充電ステーションまでのルートを示すだけではありません。充電速度やリアルタイムの交通状況などの静的および動的データを考慮しながら、充電時間を含めた最適なルートを提供します。EVルーティングは幅広いパラメーターに基づいているだけではなく、カスタマイズも可能です。HEREはEVルーティングによって、ドライバーの走行距離に対する不安の解消にとどまらず、電気自動車の運転を真にパーソナライズされた体験にします。」

 

HEREについて:

位置情報および位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREは、位置情報の力で、人、ビジネス、都市の推進に取り組んでいます。HEREのオープン・プラットフォームを通じて、都市のインフラ運営から企業の資産最適化、さらにはドライバーが安全に目的地に到着することまで、お客様により良い成果をご提供いたします。HEREの詳細は www.here.com および http://360.here.com をご覧ください。

 

 

 

報道関係者からのお問い合わせ先

 

 

HERE Technologies

Adrianne Montgobert

+49 151 72 11 67 81

adrianne.montgobert@here.com

 

株式会社井之上パブリックリレーションズ内

HERE広報担当:

リットウィン/鈴木/渡辺


E-mail: here@inoue-pr.com

タグ:
自動車 ナビゲーション