Skip to main content

HERE、ADASドライバー安全性向上向けた3D道路モデル「HERE Lanes」発表

JAN7_ANN_3_ADAS_HDPositioning_Newsroom_1920x360px.jpg
ラスベガス, CES 2020
2020/01/07
  • レーン情報、道路幅、勾配、交通規則などに関する正確なデータを車両またはモバイルアプリに供給 

  • 初めての場所や悪天候の中で、レーンレベルの案内をエンドユーザーに提供 

  • 自動車メーカーによるSAEレベル1~2の自動システム導入を促進 

※本プレスリリースは2020年1月7日に米国ネバダ州ラスベガス、CES 2020で発表したプレスリリースの日本語訳です。 

位置情報データおよび位置情報技術のプラットフォームを提供するHERE Technologies(以下、HERE)はCES 2020で、先進運転支援システム(ADAS)を通じてドライバーの認識と交通安全を向上する「HERE Lanes」を発表しました。世界の道路ネットワークをデジタル表現するHERE Lanesは、自車位置をレーンレベルで特定し、ドライバーにレーンレベルでの視覚的ガイダンスを提供します。 

HERE Lanesは、交通規則、車高制限、レーン数やセンターライン、走行方向、交差点の勾配や曲率など、車線の正確なトポロジー、ジオメトリー、属性データをADASやモバイルアプリに供給します。 

VSI Labsが実施した実証試験では、HEREのレーンレベルのデータと車両センサーが連携することで、ADAS機能の性能と安全性を高めていることが実証されました。たとえばHERE Lanesは、高速道路や交差点での合流時や、霧、雨、雪の影響で車載光学センサーの感度が下がった場合に、ADASのレーン維持機能(Lane Keep Assist)を強化します。 

HEREの自動運転部門の責任者であるSheila Nedelcuは、次のように述べています。「ADASは、グローバル規模で交通安全を向上させる機会を速やかにもたらします。同時に、技術的観点およびエンドユーザーによる採用の観点において、ADASは完全自動運転へのかけ橋となります。HERE Lanesは、自動車メーカーやソフトウェア開発者があらゆる天候条件下における現行のADAS機能を改善し、レーンレベルでのポジショニング、ガイダンス、視覚化機能を駆使した次世代のアプリケーションを開発するのに必要なデータを提供します。」  

スマートフォンを安全センサーに変える 

HERE Lanesに先立ち、アプリやデバイスによってリアルタイムで危険を察知し、ドライバーが十分な情報に基づいて意思決定を行うことを可能にするHERE Live Sense SDKもこのほど発表されました。HERE Live Sense SDKは、人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用することで、スマートフォン、ドライブレコーダー、車載カメラのような車載フロントカメラを備えたデバイスを高度なインテリジェント車載センサーに変えます。これらのデバイスは、ドライバーの周囲環境を常にスキャニングすることにより、路上の物体(他の自動車、歩行者、自転車など)、道路インフラ(信号機や道路標識など)、潜在的な危険性(道路上の穴、通行止め、工事中の区域など)を検出し、ドライバーにアラーム音や視覚的な警告で回避を促します。  

HERE Lanesは、自動車の自動化をあらゆるレベルでサポートするHEREの車載ソリューション製品群のひとつです。 

HEREについて: 

位置情報データおよび位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREは、位置情報の力で、人、ビジネス、都市の推進に取り組んでいます。HEREのオープン・プラットフォームを通じて、都市のインフラ運営から企業の資産最適化、さらにはドライバーが安全に目的地に到着することまで、お客様により良い成果をご提供いたします。HEREの詳細は http://360.here.com および http://www.here.com をご覧ください。 

報道関係者からのお問い合わせ先 

HERE Technologies 
Jordan Stark 
TEL: +1 312 316 4537 
E-mail: jordan.stark@here.com 

株式会社井之上パブリックリレーションズ内 HERE広報担当:  
リットウィン/池田 
TEL: 03-5269-2301 (代) 
E-mail: here@inoue-pr.com 

タグ:
自動車